【プチ整形の中でも人気絶大】ボトックス注射の効果を大公開

さまざまなボトックス効果

カウンセリング

美容に役立つボトックス効果

食中毒の原因ともなるボツリヌス毒素は、非常に怖い菌でもあるのですが、ボツリヌス毒素が作りだしたタンパク質は毒素を抜いて加工されることによってさまざまな美容の効果を発揮する画期的な薬と変化をします。このボトックス効果を利用して、美容クリニックでは顔や体の悩みを解決するために多くの人に利用されている実績を持っています。ボトックス効果が利用される治療として、アンチエイジングのためのシワ治療や小顔、痩身などがあります。アンチエイジングでは、ヒアルロン酸注射とともにボトックス注射として利用されています。ヒアルロン酸注射では、シワの下にヒアルロン酸を注入することによって肌の下からシワを持ち上げることができ、ふっくらとした若々しさを取り戻すことができます。それにプラスして、大笑いをしてしまったり怒ってしまった時に出てしまう表情シワに対してボトックス注射を施しておけば、ボトックス効果によって大きく表情が変わることがないのでシワが発生することはなくなります。小顔治療としては、顔が大きく見えてしまう原因が筋肉であることに限定されることになります。脂肪が原因となると脂肪溶解注射や脂肪吸引といった施術が行われ、骨格上の問題となると手術をして骨を削る必要が出てきます。しかし、エラの部分の筋肉が発達している場合には、この部分にボトックス注射をすることで筋肉を小さくすることができ、小顔に見せることができます。かたい食べ物を好んで食べるとなると、エラの部分の筋肉も発達してしまいがちですが、一日三食の食事だけで大きく発達しすぎることは少ないものです。主な原因としては、強い噛みしめを行っていることとなり、歯ぎしりをする癖がある人はエラの部分の筋肉が大きくなっていることがあります。また、寝ている間以外であっても日中から歯を噛みしめる癖を持っている人もいます。ストレスを感じながら我慢して生活をしていると、気が付かないうちに歯を食いしばってしまうことがあります。ストレスを緩和して食いしばりの癖を直すことも重要ですが、ついてしまった筋肉をすぐに落とすことができるボトックス注射をしてみれば、筋肉を早く落としてもともとの自分の小顔に戻すことができます。顔以外にも、二の腕やふくらはぎなど激しい運動によって筋肉がつきすぎてしまった場合や、もともと筋肉質であるという人の場合でも、ボトックス注射を部分的に利用することによって筋肉を小さくすることができ、手足のスリムアップに役立ちます。

Back to Top